教えて介護

介護の疑問をわかりやすく説明します。

介護保険って
なに?

現在、私たちの社会は、これまでにないスピードで高齢化が進んでいます。寝たきりや介護が必要となる高齢者は今後ますます増えると予想されており、「自分 に介護が必要になったらどうしよう」「家族に介護が必要になったらどうしたらいいだろう」という不安をだれもが抱いていることでしょう。また、介護する家 族も高齢化が進み、家族だけで介護を負担するのは難しい状況になってきています。

そこで、介護を社会全体で支える仕組みとして2000年4月からスタートしたのが介護保険制度です。介護保険制度を運営しているのは市区町村で、 40歳以上の人たちみんなが市区町村に保険料を納めることで、いざ介護が必要になったときに在宅サービスや施設サービスを1割負担で利用することができま す。残りの9割は税金(国、都道府県、市区町村)とみんなが納めている介護保険料で分担しています。

「両親はまだまだ元気だから」「パートナーはいきいき活躍しているから」と思っていても、いずれはだれもが高齢者になります。万一のときのことも考えて、介護保険のことしっかり理解しておきましょう。

介護保険サービスを
利用するには

介護保険を利用してサービスを受けようとするときには、まず最初に本人が申請し、介護認定を受けます。要介護認定は、介護を受ける人にどれだけの介護が必要かを見きわめるために行われます。そして、要介護認定で決められた要介護度に基づいて、介護サービスを受けることができます。要介護度には「非該当(自立)」「要支援1・2」「要介護1〜5」があります。

介護認定の申請からサービス利用までの流れ

申請

住んでいる市区町村役場や地域包括支援センターに申請書類を提出します

訪問調査

市町村職員や介護支援専門員が訪問し、聞き取り調査を行います

審査・判定

一次判定
(コンピューター判定)

調査結果をコンピュータで分析します

二次判定
(介護認定審査会)

主治医の意見書や訪問調査の内容を見ながら、介護認定審査会で判定を行います

認定結果の通知

申請から30日以内に、本人に要介護度が通知されます

非該当(自立)
今後の介護が考えられる人(特定高齢者)向けの介護予防プログラムを希望する場合は、地域包括センターへ
要支援1・2
地域包括支援センターと契約し、「介護予防ケアプラン」の作成を依頼。在宅や施設サービスが利用できます
要介護1〜5
居宅介護支援事業所のケアマネジャーに「ケアプラン」の作成を依頼。サービス提供業者と契約し、サービスを利用できます

介護度の種類

要支援1・2
要支援1

日常生活動作*1はほとんど自分でできるが、生活を維持・改善するために、手段的日常生活動作*2になんらかの支援が必要な状態

要支援2

要支援1の状態から、手段的日常生活動作*2を行う能力がわずかに低下し、なんらかの支援が必要な状態

要支援1〜5
要介護1

要支援2の状態から、手段的日常生活動作*2を行う能力が一部低下し、部分的な介護が必要となる状態

要介護2

要介護1の状態に加え、日常生活動作*1についても部分的な介護が必要となる状態

要介護3

要介護2の状態と比べ、日常生活動作*1、手段的日常生活動作*2の両方の能力が著しく低下し、ほぼ全面的な介護が必要となる状態

要介護4

要介護3の状態よりさらに動作能力が低下し、介護なしには日常生活をおくることが困難な状態

要介護5

要介護4の状態よりさらに動作能力が低下し、介護なしに日常生活をおくることがほぼ不可能な状態

  • *1 日常生活動作とは、日常生活をおくる上で普通に行っている動作のことで、食事や排泄、整容、移動、入浴などの基本的な動作をさします。
  • *2 手段的日常生活動作とは、日常生活をおくる上で必要な動作のうち、日常生活動作より複雑で高次な動作をさします。たとえば、買い物や家事、金銭管理、服薬管理、外出して乗り物に乗ることなどが手段的生活動作にあたります。

介護保険で受けられる
サービスとは

要介護度には、「要支援1・2」「要介護1〜5」があり、認定されれば必要な介護サービスを受けることができます。また、「非該当(自立)」でも介護予防プランニングなどのプランが用意されています。ここでは、介護保険で受けられる介護サービスについて見てみましょう。

介護サービス
訪問サービス
  • 訪問介護(ホームヘルプサービス)
  • 訪問リハビリテーション
  • 訪問入浴介護
  • 居宅療養管理指導
  • 訪問看護
施設サービス
  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設
地域密着型サービス
  • 夜間対応型訪問介護
  • 認知症対応型通所介護
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
  • 地域密着型特定施設入居者生活介護
  • 地域密着型介護老人福祉視閲入居者生活介護
通所サービス
  • 通所介護(デイサービス)
  • 通所リハビリテーション
短期入所サービス
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)
  • 短期入所療養介護
支援
  • 居宅介護支援
その他
  • 特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム)
  • 福祉用具貸与
  • 特定福祉用具購入
  • 介護療養型医療施設
介護予防サービス
訪問サービス
  • 介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)
  • 介護予防訪問入浴介護
  • 介護予防訪問介護
  • 介護予防訪問リハビリテーション
  • 介護予防居宅療養管理指導
通所サービス
  • 介護予防通所介護(デイサービス)
  • 介護予防通所リハビリテーション
短期入所サービス
  • 介護予防短期入所生活介護(ショートステイ)
  • 介護予防短期入所療養介護
地域密着型サービス
  • 介護予防認知症対応型通所介護
  • 介護予防小規模多機能型居宅介護
  • 介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
支援
  • 介護予防居宅介護支援