都市型軽費老人ホーム

都市型軽費老人ホーム

都市型軽費老人ホームとは、老人福祉法に基づいて設定された、都市部を対象とした定員20名以下の小規模な軽費老人ホームです。
定額な料金でご入居いただき、日常生活の見守りやお食事などのサービスを提供することで、健康で明るい生活を送れるようにすることを目的としております。

365日・24時間体制

すべての居室にナースコールを設置しました。夜も宿直のスタッフが在駐し、365日24時間体制で緊急時でも迅速に対応いたします。

医療・介護・生活相談

生活相談員がいつでも相談・助言に応じます。
各種の在宅サービスが迅速に受けられるよう、関係機関との連携を適切に行います。

安心の料金設定

敷金・礼金・入居一時金等は一切ございません。また所得により、月額利用料金が変わります。

ご利用いただける方

自立した生活を営むことができる方が、ご利用できる都市型軽費老人ホームです。
下記がご利用条件となります。

  • ① 年齢と介護度について
    60歳以上の方で、自立して日常生活ができる方、もしくは在宅サービス等を利用して、自立した日常生活を営むことのできる方がご利用いただけます。
    常時介護が必要な方はご利用が難しい場合も御座います。
  • ② 施設の所在地と同じ住民票が必要
    施設の所在地と同じ市区町村の住民票を有する方が対象です。
    ※対象の市区町村によって条件が異なりますので、ご不明な点などが御座いましたら、入居希望施設にお問合せ下さい。
  • ③ 身元保証人がいる方
    緊急時の対応など、必ず行って頂ける方が必要となります。
    (区の入居条件によっては、その限りでは御座いません)
  • ④ 感染症が無く、医療について自己管理ができる方
    お申込書のほかに、必ず主治医意見書の提出をお願いしております。
    緊急性を除く、通院などの同行は施設スタッフが行うことは出来かねますので、家族様もしくは保証人様、外部介護サービスを利用して行って頂きます。
  • ⑤ 財産管理及び日常の金銭管理を自己管理できる方
    原則、施設および常駐スタッフが利用者様の金銭や財産等を管理することは出来かねます。
    自己管理の出来ない方は、家族様もしくは保証人様等に金銭管理を行って頂きます。