スタッフブログ

日々の出来事をお伝えします。

首こり・痛みに効くツボ4つ

15年12月24日

メディケア訪問マッサージ

パソコン作業や勉強などで下を向く姿勢をとると、筋肉は疲労して硬くなり、こりや痛みを発生させてしまいます。平均5~7kgもある重い頭を支え、動かし止めたりと常に緊張しています。

首こりに効くツボは数々ありますが、今回は4つご紹介致します。
筋肉がこわばって硬くなっている部位には押すと痛みを感じるツボが隠れています。
この原因は筋硬直と血流障害によるもので、血流が滞ると血液中から痛みのもとになる発痛物質が発生してより痛みが強くなります。
すると筋肉は硬直して思うように
動かせず…という悪循環に。
早めのツボ押しでお手当しましょう。


首から後頭部に広がる神経にあるツボ「風池」と「天柱」を押して、首の神経と緊張をゆるめましょう。頭の中心に向かって押すのがコツです。
風池…ふうち。赤シール。

後頭部の神経の緊張を ゆるめます。
後頭部の髪の生え際、僧帽 筋と胸鎖乳突筋の間にある くぼみの中の圧痛点。

天柱…てんちゅう。青シール。
首の後ろの筋肉をほぐしま す。
首の骨のラインを髪の生え 際までたどり、頭蓋骨の下 にあるくぼみの中の圧痛
点。
次に首の筋肉にアプローチしてみましょう。「百労」と「肩井」は皮膚に対して垂直に押すのがコツです。

百労…ひゃくろう。黄シール。
首が重だるい時。
うつむいたときに首の付 け根にあらわれる骨(第七頸 椎棘突起)から指幅二本分
上、骨の両脇に圧痛のある シコリ。
頭と背中を結び、首を後ろ に引っ張っている筋肉(頭 半棘筋肉と僧帽筋)に関連
したツボです。

肩井…けんせい。緑シール。
首から肩のこわばりに。
第七頸椎棘突起と肩先の骨 を結んだ真ん中の圧痛のあ るシコリを見つける。
肩甲拳筋と僧帽筋に関係す るツボです。

筋肉がこわばって硬くなっている部位には押すと痛みを感じるツボが隠れています。
この原因は筋硬直と血流障害によるもので、血流が滞ると血液中から痛みのもとになる発痛物質が発生してより痛みが強くなります。
すると筋肉は硬直して思うように
動かせず…という悪循環に。
早めのツボ押しでお手当しましょう。


首から後頭部に広がる神経にあるツボ「風池」と「天柱」を押して、首の神経と緊張をゆるめましょう。頭の中心に向かって押すのがコツです。
風池…ふうち。赤シール。

後頭部の神経の緊張を ゆるめます。
後頭部の髪の生え際、僧帽 筋と胸鎖乳突筋の間にある くぼみの中の圧痛点。

天柱…てんちゅう。青シール。
首の後ろの筋肉をほぐしま す。
首の骨のラインを髪の生え 際までたどり、頭蓋骨の下 にあるくぼみの中の圧痛
点。
次に首の筋肉にアプローチしてみましょう。「百労」と「肩井」は皮膚に対して垂直に押すのがコツです。

百労…ひゃくろう。黄シール。
首が重だるい時。
うつむいたときに首の付 け根にあらわれる骨(第七頸 椎棘突起)から指幅二本分
上、骨の両脇に圧痛のある シコリ。
頭と背中を結び、首を後ろ に引っ張っている筋肉(頭 半棘筋肉と僧帽筋)に関連
したツボです。

肩井…けんせい。緑シール。
首から肩のこわばりに。
第七頸椎棘突起と肩先の骨 を結んだ真ん中の圧痛のあ るシコリを見つける。
肩甲拳筋と僧帽筋に関係す るツボです。

メディケア訪問マッサージについて詳しくはこちら