居宅介護支援

一人ひとりの「こころ・からだ・環境」に寄り添う最適なケアプランを

65歳以上の方
  • 要介護

※要支援1・2の方は地域包括支援センターへご相談下さい

ご利用いただける方

  • 要介護1
  • 要介護2
  • 要介護3
  • 要介護4
  • 要介護5

65歳以上の方:要介護1以上

居宅介護支援をご利用いただくには要介護1~5の方が対象となります。 要介護認定がまだの方は、まず市区町村の担当窓口へ申請が必要となります。 居宅介護支援は介護保険から全額が給付されるため、ご利用者様の自己負担金は0円です。

ソラストの居宅介護支援(ケアプラン作成)とは

ケアマネジャー(介護支援専門員)が窓口となって、ご本人やご家族のご要望をお聞きした上で、医療・福祉の両面から「自立」を目指したケアプランを作成するサービスです。
ソラストのケアマネジャーは、一人ひとりの「こころ・からだ・環境」に寄り添う最適なケアプランを考え、必要なサービスを適切にご利用いただけるように、介護事業者との連絡調整、介護サービスや医療機関の紹介、情報提供などを行い、さまざまなお悩みを速やかに解決へと導きます。

介護のお悩みを解決

「退院後の生活について相談したい」「介護保険を申請したい」「介護用具は買う?借りる?」など、介護にかかわることなら、どんな小さなお悩み・疑問でもかまいません。
ソラストのケアマネジャーにお任せください。
もちろん、ご相談は無料です。

ご相談ケース1 「介護保険はどう使えばいいの?」

ケアマネジャーによるアドバイス例

介護保険のサービスは、お住まいの市町村に申請し、介護が必要と認定された方がご利用できます。
介護保険が申請できるのは、①65歳以上の方、②40~64歳で国が定めた特定の病気が原因で介護が必要となった方です。

ご相談ケース2 「もの忘れや置き忘れが増えてきて心配」

ケアマネジャーによるアドバイス例

認知症の危険信号を感じたら、早めに医療機関に相談しましょう。
認知症であることがわかったら、認知症について正しく理解し、いろいろな制度や介護サービスを上手に利用して、ご家族もゆとりを持って介護にあたることが大切です。

ご相談ケース3 「退院しても家で過ごせるか不安」

ケアマネジャーによるアドバイス例

退院後も安心してご自宅で過ごしていただけるように、おからだの状態やご希望をお聞きしつつ、入院先の主治医や専門スタッフと連携し、介護と医療の両面から退院後の暮らしをサポートします。

●麻痺はあるけど、つかまれば1人で歩ける
⇒ 福祉用具の利用や住宅改修(手すりなど)で生活しやすいように環境を整えます。

●車いすでも快適に生活したい
⇒ からだにフィットする車いすのレンタルや、住宅改修による自宅内の段差解消が可能です。

●横になっている時間が長い
⇒ 介護ベッド、エアマットのレンタルなどで床ずれを予防します。

●介護の方法がわからない
⇒ 介護のお手伝いや介護方法の指導・相談を受けられるように調整します。

ご利用者様・ご家族様の声

住み慣れた地域から
居宅介護支援をお探しの方はこちらから

お近くの地域から探す